読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

骨髄バンクにドナー登録!

先週からまぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木ほ配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、大阪個室ビデオ店放火事件の公判を扱っています)


ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 


 先日見た「半落ち」に感化されて本日骨髄バンクhttp://www.jmdp.or.jp/にドナー登録に行ってきた。

 登録は全国の赤十字献血センターで受け付けている。献血者は結構いるものの、ドナー登録は滅多にいないらしく係員があたふたしていた。登録そのものは書類一枚と血液採取だけで、20分くらいで済んでしまう。

 私もHPで勉強してはじめて知ったのだが、登録しても即ドナーになるわけではなく、HLA(白血球の型)が患者と適合しなければ移植候補者にならない。そのため登録して10年以上、ドナーにならない人もいるそうだ。

 骨髄移植が危険を伴うとか痛いというのは迷信だ全身麻酔だから全く痛みは感じないし、世界中の過去の移植20万例の中で死亡事故は僅かに3例に過ぎないとのこと。それが危険だというのなら、(自分の)病気や事故での手術も一切受けられないことになる。

 問題があるとすれば、手術前日から退院まで平均して3〜4日の入院が必要というところか。休業補償は一切ない(入院費用は全額国が負担する)ので、どうしても仕事のやりくりが必要となる。大企業はともかく、中小企業に勤めている人には結構ハードルが高い。民主政権に変ったことだし、そろそろ国が積極的に後押しする体制を作るべきではないだろうか。

 前科者の私には今バイト以外に職がない。考えてみるとこの年になるまで人様に迷惑をかけこそすれ、役に立ったことなど一度もないのだから、せめて自由に使える時間を少しでも人のために役立てたいと願って登録をしてみた。この先もボランティアなどに登録していこうと思う。

 骨髄バンクは、白血病など不治の病気に苦しむ人々の唯一の希望だ。私の拙いブログを読んで頂いている方で少しでも興味を感じた方は、是非骨髄バンクHP(http://www.jmdp.or.jp/をご覧になっていただきたい。

命のアサガオ永遠に―子を亡くした母の願いが骨髄バンクに実るまで

命のアサガオ永遠に―子を亡くした母の願いが骨髄バンクに実るまで

半落ち [DVD]

半落ち [DVD]