読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

おくりびと

先週からまぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、エコナ販売中止問題を扱っています)


ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 

 今日早くもテレビでやっていたのを見た。私は大の映画好きだが、なにせ2年近い拘禁生活のブランクがあり、見ていない作品も多く、これもその一つ。もはや云うまでもないが、しっとりとした素晴らしい作品である。



 モノを書く、創るということを体験している身として一番頭が下がるのが主演の本木雅弘。そもそもこの映画は本木が96年に「納棺夫日記」を読み、感動して作品化を思い立ったからこそ出来た映画。自らの私財を投じ、気負いなく主人公を演じる彼の姿には静謐なオーラがある。



 そして山崎努。なんと自然に味のある演技が出来ることか。私はこの人の「マルサの女」に出てくる悪人役が大好きなのだが、「刑務所の中」の花輪さん役など、とにかくどんな役でも完璧にこなす人だ。だいぶ歳をとられたがまた大悪人役を是非やって欲しいなぁ。



 更に忘れてはならないのが久石譲の音楽だ。朗々と流れるチェロの調べには彼の大ヒット作ナウシカのテーマを思い出してしまった。これも藤原真理による素晴らしい独奏チェロバージョンがあり、一度聴いたら忘れられない美しさだ。やはり彼は変な大作映画より、こういう静かな作品に音楽をつける方が似合っている。



 そして何よりも素晴らしいことは、納棺師の存在と仕事を知らせてくれたこと。なんと尊い仕事なのだろう。

おくりびと [DVD]

おくりびと [DVD]

風-Winds~ナウシカの思い出に捧げる

風-Winds~ナウシカの思い出に捧げる

このチェロが素晴らしいです!

納棺夫日記 (文春文庫)

納棺夫日記 (文春文庫)