読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

エコナ問題で消費者庁に動き 厚労省とは違うよ?

 先月からまぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、JR西日本福知山線事故調査委癒着問題を扱っています)


ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

 珍しくというべきか、これが政権交代の成果なのか、「消費者のためには何もしない」が通例だった官庁が素早い動き。エコナ問題で消費者庁が動き出した。以下、日経ネットからの転載を。





消費者庁エコナ問題でPT設置 「不安解消したい」

(http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090929AT1G2901529092009.html)



 花王特定保健用食品特保)「エコナ」シリーズから発がん性物質に変化する可能性のある成分が検出され、販売・出荷が自粛された問題で、 福島瑞穂・消費者担当相は29日、「消費者の不安を解消したい」として、消費者庁内に政務官をトップとする「食品SOS対応プロジェクト」を発足させる考えを示した。



 同庁は10月1日、同プロジェクトの一環として関係省庁の課長級を集め、エコナ関連製品に関する取り組みを精査し、1週間以内に消費者への情報提供など同庁としての対応を検討する。



 特保の申請は消費者庁の発足に伴い、厚生労働省から同庁に移管された。エコナの安全性については内閣府食品安全委員会が調査中、結論は11月の見通し。担当相は「結論が出るまで何もしないのでは、厚労省と同じ」と従来の対応を批判した。 (引用ここまで)





 一週間後の情報提供というのがどの程度のものなのか今はまだ分からないが、花王電通の情報統制で新たな情報提供が極度に少ない以上、消費者庁が対応してなんらかの情報をだすのはよいことだ。



 「結論が出るまで何もしないのでは、厚労省と同じ」という福島担当省のお言葉はなかなかいい。どうせ食品安全委員会など(福知山線の)事故調委と同じで花王に都合の悪い報告など出すはずもないのだから、ここはせいぜい福島センセイに暴れていただかないと!
ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村