読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

検察のためにも可視化が必要?検事の暴言で国に賠償命令

 先月からまぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、JR西日本福知山線事故調査委癒着問題を扱っています)


ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

 昨日のニュースで、小さい扱いながらも面白いものがあった。以下に産経msnからちょっと転載する。



「お前もくずや!」検事の暴言で国に賠償命令



検察官の違法な取り調べで精神的苦痛を受けたとして、傷害の非行事実で保護観察処分を受けた男性(21)=処分当時19歳=と国選弁護人が、国に慰謝料など計660万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、 京都地裁であった。



 井戸謙一裁判長は「男性は検察官の発言で尊厳や品位を傷つけられた」などとして違法性を認め、国に計66万円の支払いを命じた。



 判決によると、男性は平成19年9月、 京都市中京区のコンビニ店で、万引した仲間を追って来た店員を暴行、けがをさせたとして逮捕され、傷害の非行事実で保護観察処分を受けた。



 取り調べで否認した男性に対し、検察官2人が机をけって威圧したり、「お前もくずや、腐っている」「覚えがなくても、やったかもしれないって言ったら丸く終わる」などと自白を迫るような発言をした。



 判決は男性が書き残したノートなどを基に事実認定。井戸裁判長は「取り調べが録画され事実と異なることが証明されない限り信用性は高い」と指摘した。(記事ここまで)





 いや〜なかなかたいした裁判長がいたものだ。この記事だけでは詳しく分からないが、原告男性のノートもかなり詳細なものだったのだろう。しかしそれだけで検察の罪を認めてしまうのだから、これはなかなか骨のある人だ。



 私は検察官が机を蹴っているのは見たことがないが、同じ部屋の他人の取り調べでかなりの暴言を吐いていたのを聞いたことはあるから、文中にあるような言動はするだろうな、
と思う。彼らも玉石混合で、どちらが犯人かわからないような、品のない連中もいるのだ。



 不謹慎だが笑ってしまったのが、「取り調べが録画され事実と異なることが証明されない限り信用性は高い」というところ。



 全くその通りですよ。だから可視化しろっていってるじゃないですか、検察諸君。そうすれば君らの「冤罪?」もはらせますゼ。取り調べの録画は、なにも被疑者の権利を守るだけじゃないってことが分かったかな?

ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村