読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

埼京線に監視カメラ?JR東の愚かさを嗤う

まぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、押尾再逮捕の記事を扱っています)




 


いやはや、やるんじゃないかと思っていたらやっぱりJR東が口火を切ったか・・・埼京線の痴漢被害に音を上げて、遂にビデオカメラ設置に踏み切る模様だ。



(以下読売ニュース)

埼京線に痴漢防止カメラ、年内にも一部車両に>



 JR東日本は年内にも、痴漢被害が多い埼京線の一部車両に全国で初めて、防犯カメラを設置する方針を固めた。



 プライバシー保護の観点から犯罪防止に限定し、使用と管理を厳格に運用することで違法性はないと判断した。同社は既に運用規定を策定しており、試験運用を行ったうえ、他路線での導入も検討する。



 鉄道事業者と1都3県の警察が共催した10月の官民会議で、警視庁から防犯カメラの設置が要請されたのを受け、JR東は、防犯対策でのコンビニ店内のカメラ撮影と録画を「違法性はない」とした2005年3月の名古屋高裁判決など、過去の判例を専門家を交えて検討してきた。



 その結果、〈1〉痴漢など防犯対策に限定し、乗客に「録画中」と表示して説明〈2〉一定期間の保存後に削除〈3〉刑事手続き以外での第三者への開示禁止――など、厳格に運用することで問題ないと判断。当面は1〜2編成の電車を対象に、ラッシュ時に混雑が激しい一部車両の天井や網棚付近などに複数のカメラを設置予定だ。



 都内の電車内の痴漢被害は、確認されているだけで毎年約2000件。今年1〜9月に発生した件数も、強制わいせつ事件を含め計1174件に上る。同庁によると、埼京線の今年9月末現在の被害(146件)は全路線の12・4%。強制わいせつ事件も25%以上で、朝夕のラッシュ時でも20分間隔でしか運行されない通勤快速は混雑が激しい上、停車駅間隔が長い「密室状態」となり、15分以上、片側のドアが開かない区間もあるためだ。インターネット上で「埼京線はやりやすい」などの痴漢サイトの書き込みを見て集団痴漢をした悪質なケースもあった。

(2009年12月15日03時06分 読売新聞)



 ハッキリ言うが、超満員の電車内を上から録っていて痴漢しているかどうか分かるわけがない。警察はとりあえず何かの足しにはなるだろうと思うから設置を勧めるが、これで犯人が特定できると思うなら大間違いだ。むしろ冤罪を量産する可能性の方が格段に大きい。



 以前から感じていたが、そもそも埼京線の大混雑への無策の原因はJRにあるのではないか?鉄道会社というのはある程度利用者の数量を計算しているはずだが、それほどの大混雑を緩和できずにいる会社自体には何ら責任がないのだろうか。それを隠して警察に迎合し、監視カメラにすがろうというのはいかにも責任逃れに感じるのは私だけなのだろうか?



 大体、監視カメラなどというものは、駐車場のような見通しが効くところでならば抑止力となりうるが、不特定多数が入り乱れるような場所では効果がない。これはキャンベル共同計画などの国際的検証プロジェクトによって証明されている(2円で刑務所、5億で執行猶予:浜井浩一



 更に、このカメラは防犯カメラなのか犯人検挙用カメラなのか?防犯カメラなら社内の目立つところに置けばいいが、検挙用なら天井に設置しても手元が映らねば何の役にもたたない。



 例えばこんな事が考えられる。痴漢というのは衝動的に起こることもあるが、基本的には確信犯だ。ならば、防犯カメラが天井にあるだけならば、そこに映らないようにして行為をしようとする者が続出するだろう。その時、録画映像がどう役に立つかというと、怪しいヤツを片っ端から引っ張る(検挙する)ことに使われるのだ。



 録画というのは恐ろしい。犯人がはっきりしない、という時に一番疑われるのが真後ろの人間だろう。だが、プロ化した痴漢が用心して後ろに立たず、偶然後ろにいた人が被疑者にされる場合も有り得るのだ。



 カメラの設置後に痴漢が発生すれば、当然警察はカメラ映像に活路を見いだそうとする。もっと言えば、犯人はカメラに「写っていてくれてなくては困る」のだ。だから無理矢理にでも映像に基づいた捜査を行うことになる。つまり、一般人には「防犯道具」に見えるものが、使用者側(警察)からは「検挙道具」になっているのだ。



 恐ろしいのはここからだ。ある人がたまたまここ数日、同じ車両の同じ女性の近辺にいた録画があったら、捜査側はどう考えるだろう?そう、当然ながらもうそれだけで重要参考人になってしまうのだ!でも考えてみていただきたいが、毎日の通勤であなたはこまめに乗る場所を変えているだろうか?大体同じような処に乗っているのではないだろうか?



 そう、この満員電車における防犯カメラは「痴漢を抑止」するためのものではなくて、(そんな能力はない)「その車両に乗っている全員」を「被疑者」として録画するためのものに他ならない。そしてもしその車両で痴漢が起きたら、近くにいた全員が引っ張られる可能性がでてくる。これは本当に恐ろしいことだ。



 だいたいJRが、最初は一車両に限定して設置して効果を検証するなどと言っているが、たった一ヶ所に設置しても痴漢がその車両を避ければ良いだけだから、何の検証にもならない。結局「他の車両ではなんら改善が見られなかったから全車両に展開する」という間抜けな結果になるのは目に見えている。というか、最初から目標はそこに置かれているとしか思えない、姑息な話だ。



 埼京線沿線の住民は絶対に反対運動を起こすべきだ。私ならそうする。毎日満員電車に詰め込まれた上にあまねくビデオで監視され、さらに事件が発生すればたまたま被害者の周囲に居た人間は全員被疑者扱いされるなど、悪い冗談にも程がある。まるでオーウェルの悪夢が現出したようだ。



 もっと恐ろしいのは、埼京線を皮切りに他の路線にもこのバカな試みが広まっていく可能性があることだ。



 実は、ことは痴漢対策だけの問題では決してない。警察権力は、この電車内ビデオ録画で国民のプライバシーを根こそぎ奪おうという挙にでるのは明白だ。ETCによる車移動の総記録化が進んだ後、個人の移動記録を完璧に捉えるには国民の足である鉄道にあまねくカメラを搭載するのが権力側の夢であったろう。



 今や痴漢という矮小な問題を契機にして、この悪夢が現実のものになろうとしている。こんなことを絶対に許してはならない。

よろしければ一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ