読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

ああ清水健太郎、6回目の逮捕!

マスコミ・映像関係者の皆様
 勾留施設についての記事制作・番組制作等でのコメントや、ドラマや映画制作の設定監修等でご質問があればお気軽にご相談下さい。報道番組へのコメント、新聞社との特集制作、テレビドラマの設定監修等で実績がございます。
 また、友人・知人が勾留されているが、どうしてよいか分らない方のご質問にもお答えしています。(秘密は厳守致します)
 ご質問、ご相談は ryu.homma62@gmail.com までお気軽にどうぞ。





俳優の清水健太郎がまた覚せい剤使用で逮捕された。
以下、日テレとNHKニュースから。



清水健太郎容疑者、6回目の逮捕 薬物使用< 2010年8月18日 16:15 >ブックマーク
 覚せい剤を使用した疑いで元俳優・清水健太郎容疑者(本名・園田巌、57)が18日、警視庁に逮捕された。

 警視庁によると、清水容疑者は9日、JR上野駅の改札口前で警察官の職務質問を受け、尿検査を行ったところ、陽性反応が出た。清水容疑者は18日昼過ぎ、警視庁上野署に出頭し、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。警視庁の調べに対し、清水容疑者は「今月初旬、自宅マンションであぶりという方法で使った」と容疑を認めているという。

 清水容疑者は、これまでに大麻取締法違反や覚せい剤取締法違反の疑いで4回、ひき逃げの疑いで1回、逮捕されており、今回が6回目の逮捕。(日テレ)



<元俳優 清水健太郎容疑者を逮捕>
8月18日 16時9分

 元俳優の清水健太郎容疑者が、東京・台東区の自宅のマンションで覚せい剤を使った疑いが強まり、警視庁に逮捕されました。

 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、元俳優の清水健太郎、本名、園田巌容疑者(57)です。警視庁の調べによりますと、清水容疑者は、今月上旬、台東区寿の自宅マンションで覚せい剤を使った疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、今月9日、警察官がJR上野駅の改札口付近にいた清水容疑者に職務質問した際、覚せい剤の吸引器具を持っていたため、尿検査を行ったところ、覚せい剤の成分が検出されたということです。

 清水容疑者は、18日正午ごろ、弁護士らとともに上野警察署に出頭し、逮捕されました。警視庁の調べに対し、清水容疑者は容疑を認め、「マンションの部屋であぶりという方法で覚せい剤を使用した」と供述しているということで、警視庁が入手先を調べています。

 清水容疑者は、昭和51年に歌手としてデビューして、「失恋レストラン」などのヒット曲で知られ、その後、俳優として活動していましたが、これまでに4回、大麻取締法覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されています。(NHK


 大麻や覚せい剤では5回目、更に昨年ひき逃げで7ヶ月の実刑を受けているから、実に6回目の逮捕となる。もはや累犯で押しも押されもせぬ超大物となってしまい、取り調べや留置場などにも慣れてしまって何とも思わなくなってしまったのではないか。

 一時Vシネマで復活したが、4度目の逮捕・出所の後はさすがに俳優としてのお呼びはかからず、体を鍛えて復帰に備えていたが、ひき逃げ事件を起こして収監され、出所してようやく一年たったくらいだった。

 それにしても結局、人は覚せい剤の魔力から逃れられないものなのか。あぶりは静脈への直接注射よりは効力が軽いが、上野駅前で職質を喰らうくらいだから相当の酩酊状態だったのだろう。

 警察官は薬物犯の目を見れば一発でわかるというし、これまでの経験からラリって繁華街を歩けば目を付けられるくらい自分でも分っていただろうに、それでもやってしまったのは全く自制が利かなくなっていたに違いない。

 前回の覚せい剤逮捕から5年経っていないし、ひき逃げの実刑からも1年しか経っていないから、裁判所の判決も厳しいだろう。家宅捜索でどの程度の薬が出てくるかにもよるが、実刑4〜5年は避けられないのではないか。

 私はNHKのドラマ「男たちの旅路」で清水が演じた青年が好きだった。「失恋レストラン」の彼も木訥そうな青年で好感が持てたが、スカウトなどされずに出身地の小倉で暮らしていれば、あるいは別の平穏な人生があったのだろうか。クスリの怖さを再認識させられると共に、寂しく哀しい気持ちになったニュースだった。


よろしければ一押しお願い致します!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ