読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

田代まさしの初公判、12月7日に決まったが・・・

マスコミ・映像関係者の皆様
 勾留施設についての記事制作・番組制作等でのコメントや、ドラマや映画制作の設定監修等でご質問があればお気軽にご相談下さい。
 報道番組へのコメント、新聞社との特集制作、テレビドラマの設定監修等で実績がございます。

 また、週刊漫画サンデー誌上にてコラム「刑務所エリート」好評連載中!そちらも是非ご覧下さい!



<田代被告、12月7日に初公判 横浜地裁

 横浜地裁は22日までに、コカインを所持したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたタレント田代まさし(本名政)被告(54)の初公判を12月7日に開くと決めた。

 起訴状によると、9月16日未明、横浜市中区の駐車場内でコカイン0・87グラムを所持したとしている。

 田代被告は、駐車場で一緒にいた美容室経営荒井千恵子被告(50)と覚せい剤を共同所持した疑いなどで、14日に神奈川県警に再逮捕された。(47ニュースより)


 田代まさしの初公判が決定した。
逮捕時のげっそり痩せこけた様子は衝撃的だったが、それも東拘で3食きちんと摂取すれば、公判時には元に戻っているだろう。

 今度の裁判は罪状が明らかだし、本人も認めているから、あっさりとまた3〜5年の実刑になるだろうが、田代のような中毒患者は、何年ム所に放り込んでも中毒は治らず、無駄である。

 彼の場合は既に意志の強弱が問題なのではなく、完全な薬物中毒つまり病気であり、以前と同じ待遇の刑務所に入れても、刑期の間クスリをやらないだけで、根本的な治癒にはならない。ム所の中では、薬物離脱のための医学的治療は全く行われていないからだ。

 薬物犯の再犯率は約6割、という非常に高い現状を改善するためにも、薬物犯専門の治療を行う刑務所が必要なのはもはやはっきりしている。
累犯を何度もム所に入れて養う社会的コストの増大よりも、きちんとした治療施設を作る方が、はるかに税金のロスを減らせるのではないだろうか。


よろしければ一押しお願い致します!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ