読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

広島刑務所脱走事件に思うこと

マスコミ・映像関係者の皆様
 勾留施設についての記事制作・番組制作等でのコメントや、ドラマや映画制作の設定監修等でご質問があればお気軽にご相談下さい。報道番組へのコメント、新聞社との特集制作、テレビドラマの設定監修等で実績がございます。

 また、刑務所内部の話、刑務所を中心とした拘禁施設の現状、再犯問題、出所者の社会復帰についての講演・講義も行っております。お気軽にご相談下さい。


ー最近の講演・出演からー     主催団体/講演主題 

2011年10月16日 
千葉県ろう重複障害者施設をつくる会   私の刑務所体験・塀の中で出会った高齢者と障碍者

   11月21日    
学習院大学法学部庄司ゼミ        刑務所の実態と再犯問題
   12月 8日    
矯正と図書館サービス連絡会       刑務所の中と図書の重要性   


2012年1月13日
TBS 「マツコの知らない世界」    マツコの知らない刑務所の世界

2012年2月13日       
週刊現代2/25号にて「転落の記」が紹介されました



少々遅くなったが、広島刑務所脱走事件の最終報告について
思うことを書いておきたい。以下はNHKニュースから。


広島の脱走 “ことばの壁きっかけ”

広島刑務所での中国人受刑者の脱走事件について、法務省は29日、検証結果の最終報告をまとめ、この中では、受刑者がことばを理解できないことなどから処遇に不満を持ち、脱走のきっかけになったことを明らかにしたうえで、今後、通訳などの体制の充実を図る方針を示しました。

広島刑務所で、先月、中国人の受刑者が脱走した事件を受けて、法務省は刑務所の対応や原因の究明などを進め、先月下旬には、警察への事件の通報の遅れなど初動体制の問題点を指摘した中間報告を公表しました。
法務省では、その後も脱走した受刑者からも事情を聞くなど、引き続き検証を進めて最終報告をまとめ、29日、小川法務大臣が記者会見して公表しました。

この中では、受刑者が脱走した動機について、「刑務所で使う教材の日本語が十分に理解できないなど、処遇に不満を抱くなかで、妻の両親が体調を崩したことを手紙で知り、脱走を決意したと考えられる」としています。

そのうえで、刑務所で外国人受刑者との意思疎通を図ることが重要だとして、今後、通訳や翻訳の体制の充実を図ることなどを盛り込みました。

一方、小川法務大臣は、嶋田博前広島刑務所長など当時、事件の対応に当たった職員合わせて12人を減給に、また1人を訓告にすることも発表しました。これを受けて嶋田前所長は29日、法務省に対し辞職願を提出し受理されました。
(引用ここまで)


 先ずはこの最終報告書を高く評価したい。今までなら、この中国人受刑者の脱走理由を「身勝手な理由で」と切り捨てて、「監督強化に努めたい」といういい加減な報告書で終わるのがこういう場合の常(注:脱走事件ではなく、刑務所で発生した不祥事の場合、という意味で)であったが、今回は外国人受刑者に対する対応の未整備を認め、その対策に本腰を入れる旨明記してあるからだ。言うなれば現在の処遇に問題があることをあっさりと認めた訳で、私は結構驚いた。

 しかし云うは易しで、圧倒的な人手不足と予算不足に悩む全国のム所に通訳を配置し、さらに外人受刑者のケアをするのは容易ではない。

 現在、約7万人の受刑者に対し外人受刑者数は約3千5百人。今回の中国人はその中で一番多い3割を占めていて、英語と並んで刑務所の中にある図書などでは比較的恵まれている方だが、きちんとした通訳まで配置しているのは全国のム所でも横浜や府中等数カ所に過ぎない。

 他の言語としては朝鮮語タガログ語ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語タイ語ペルシャ語・英語(割合の多い順)などを話す受刑者がそれぞれ存在するから、刑務所内処遇の平等性を確保しようとするなら、中国語ばかりを優遇するわけにもいかないだろう。

 しかし、上記のような通訳と意思疎通の必要性が正式に発表されれば、日本の官僚はまじめ故に予算獲得に全力をあげるから、少しずつでも対応が図られていくだろう。それに比べれば、放置状態にある精神障害のある受刑者、認知症受刑者たちは、その人数が多すぎる故に状況が改善されないのとは対照的である。

 最後に、まだ脱走者が捕まらないときにニュースに出ていたオバハンが「こういうことがあるから、刑務所みたいな施設は怖い。私達の周りからなくなって欲しい」と宣っていたが、これは全くのお門違い。広島刑務所は明治21年から今の場所にあり、当時は殆ど周囲に民家がなかった。後からその周りに住みついてきたのがあなたたちだ。文句はご先祖様に言うべきで、刑務所が悪いわけではない。