読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

足利事件再審に無罪判決、裁判長は謝罪したが・・・



 

 遂に足利事件再審で無罪判決。再審を審理した佐藤裁判長が謝罪した。以下産経読売記事から。



<【足利再審】「申し訳ありませんでした」裁判長が菅家さんに謝罪>

2010.3.26 11:05



 足利事件の再審判決公判宇都宮地裁の佐藤正信裁判長は、菅家利和さん(63)への無罪言い渡しの最後に、「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年間の長きにわたり自由を奪ったことを再審公判を担当した裁判官として謝罪します。申し訳ありませんでした」と述べ、佐藤裁判長以下裁判官3人が起立し深々と頭を下げた。



 佐藤裁判長は、判決言い渡し後、「事件につきまして自戒の意味を込めて菅家さんに謝罪させていただこうと思います」と述べ、謝罪を始めた。裁判官3人で頭を下げた後、佐藤裁判長が「二度とこのようなことを起こしてはいけないとの思いを強くしました。今後の菅家さんの人生に幸多きことをお祈りします。菅家さんの思いを胸に刻み、再審公判を終わります」と述べ、閉廷を告げた。

 菅家さんは裁判長の言葉に黙って頭を下げた。

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tochigi/100326/tcg1003261126003-n1.htm より転載)





足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」>



 DNA型鑑定を元に無理な自供を導いた捜査の誤りを指摘した宇都宮地裁の無罪判決。事件にかかわった当時の捜査関係者や弁護士らは重い口調で取材に答えた。





 他方、菅家さんの無罪を信じてきた支援者らは、胸いっぱいの思いで、判決の日を迎えた。



 「真犯人を捕まえるという警察の使命を果たせなかったことは無念だ」と、栃木県警の元捜査幹部は伏し目がちに語った。「40年の刑事人生で一番の事件だった」と振り返りながら、「菅家さんを真犯人だと思って逮捕して最高裁も断定したのに、(捜査陣は)天国から地獄に落ちてしまった。申し訳ないことをした」と述べた。別の元捜査幹部も「私に言えることはない」とぽつり。



 1審で菅家さんの弁護を担当した1人、梅沢錦治弁護士(79)は「無罪判決がもらえるのは良いことだと思う」と淡々と話した。菅家さんの「自白」の真偽を見抜けなかったことを「疑うのは無理だった。当初は、首尾一貫していた」とする一方、「人間関係が築けていなかったのかもしれない」とも打ち明けた。



 26日の宇都宮地裁には、16年間にわたって菅家さんを支援してきた栃木足利市の主婦西巻糸子さん(60)が姿を見せた。2人とも幼稚園バスの元運転手。拘置所で面会して冤罪だと確信し、1994年、「菅家さんを支える会・栃木」を結成。チラシ配布などの活動を続けてきた。



 控訴審上告審宇都宮地裁再審請求審……、その都度がっくりしたという。「自分が落ち込むというより、なんと言って菅家さんを慰めたらいいかと思って」。



 7回の再審公判をすべて傍聴。この日は午前6時に、菅家さんを乗せて車を運転、足利市を出発した。道中、菅家さんは、「(亡くなった両親に)つらい思いをさせた」とうつむいていたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100326-OYT1T00427.htm )





 もとより謝罪はないよりもあった方がよい。ただ佐藤裁判長には失礼だが、裁判所というヒエラルキーの中で、地裁はただの下級審という扱いであり、あくまで地裁の裁判長が個人的に謝った程度のものでしかない。この場合、謝るべきは最高裁長官である。



 菅谷さんは人がよいから、「裁判長も謝ってくれたし納得しました」と仰っていたが、結局この冤罪を生んだ当事者である当時の捜査関係者、担当検事、地裁・高裁・最高裁の判事達は誰一人として謝罪もしなければ責任も取っていない。結局冤罪の構図の責任はどこにあるのか、全く明確にはなっていないのだ。



 読売記事の元捜査担当者たちのふぬけた回答はどうだ。無罪が確定しても「私にいえることはない」とは何事か。「大変申し訳なかった」と謝罪するのが人間の努めではないか。



 梅沢弁護士も、結局国選の当番弁護士として、いいかげんな弁護をしただけだ。「意思の疎通ができてなかった」なんて、自分がそうしようと努力しなかっただけだろう。



 結局今の法律では、こぞって冤罪に荷担した人間達を罰することができない。しかし、当事者達が謝罪しないのなら、それぞれの組織の最高責任者が馬鹿な部下の代りに謝罪すべきだ。



 即ち、最高裁判所長官検事総長警察庁長官声明などではなく、直接菅谷さんの元へ出向いて謝罪する。そうしてこそはじめて、それぞれの組織は事の甚大さを痛感できるはずだ。無罪判決はでたが、足利事件はまだ終わらない。真犯人も捕まってはいないのだ。


よろしければ一押しお願い致します!
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ