読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本間 龍のブログ

原発プロパガンダとメディアコントロールを中心に、マスメディアの様々な問題を明らかにします。

受刑者は性同一性障害、日弁連が勧告

 先月からまぐまぐの有料メルマガhttp://www.mag2.com/)の配信を始めてみました。(上記リンクから「本間龍のメルマガ」とインプットして頂ければ専用画面に飛びます)
原則として毎週月・木配信ですが、大きな事件や裁判のニュースがあればその都度配信します。内容は多少重複するところもでますが、今後こちらの日記の方は刑務所関連の資料的な役割を大きくし、メルマガで時事的なニュースを扱っていくように役割分担していく予定です。最初の一ヶ月は無料ですので、とりあえず内容を吟味いただいて、面白くなければ解約頂けます。
料金は一ヶ月500円(税込み525円)ですので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(最新号は、高相被告の求刑を扱っています)





ポチッと一押しお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 珍しく朝日新聞刑務所の記事が載っていた。興味深い内容なので転載したい。



受刑者性同一性障害、「配慮を」 日弁連が勧告>



 日本弁護士連合会宮崎誠会長)は21日、性同一性障害の男性受刑者からの申し立てに基づき、黒羽刑務所栃木大田原市)に対し、医師によるカウンセリングや女性用の衣服の着用、長髪を認めるよう人権救済を勧告した、と発表した。法務省にも、女性刑務官による処遇などの検討を求めた。



 勧告書などによると、この受刑者は07年1月から同刑務所に男性として収容されていた。肉体的には男性だが、幼少時から女性の自覚を持っていた。戸籍の名前は女性風に変えたが、性別は変更していなかった。



 当初は衣服や下着は女性用を着用し、長髪も認められていたが、同年11月に男性職員を殴って骨折のケガを負わせたことから、衣服は男性用に変更され、配慮はなくなった。



 受刑者は、この暴行事件で有罪判決を受けた後、静岡刑務所に収容中。女子刑務所への移送も訴えていたが、日弁連は「肉体的には男性であり、他の受刑者のことも考えると難しい。人権侵害とまでは言えない」として勧告には盛り込まなかった。



 一方、刑務所側は「身体上、戸籍上は男性であり、社会復帰した際、男性として扱われても感情を爆発させることなく自己実現を図る能力を付けることが矯正の目標」としている。



 法務省矯正局は「必要で可能な配慮はしているが、勧告内容をよく見て今後のあり方を考えたい」としている。

(転載ここまで)



 

 この人は知らないが、私が用務者(世話係)をしていた黒羽の16工場には常時オカマさんたちが5〜10人程度いた。オカマと申告していない通称「隠れオカマ」を含めればもっといたかもしれない。



 通常、オカマ(男性の同性愛者)は刑務所・拘置所でその旨申告すると、雑居房に配属されず、普通工場にもまわされない。当然ながら、他の受刑者と色恋沙汰を起こさせないための配慮だ。念のため云うと、ム所では恋愛は禁止。なので可能性が高そうなオカマは隔離される。でもオカマだけで工場を運営するほど(100名)はいないので、結局老人達と同じ16工場に配属されてくるのだ。



 16工場には豊胸手術をした者とか下を取り去ってしまった者とか色々いたが、性同一性障害だと名乗っていた人には会わなかった。それでも彼女たち?はことあるごとに自分は女性であると主張してはいたが。



 ちなみに彼女?達は支給される服や下着類は通常と同じだが、胸の出ている者はブラジャーの装着を許可されていた。また、風呂ももちろん別で、一人ずつ個室風呂の使用が認められていた。そういえば健康診断レントゲン撮影も別だった・・・刑務所としては異例の厚遇ぶりで、まぁ現場の担当は結構面食らっていたのではないか。ただ長髪はダメで、一般受刑者と同様の坊主刈りだった。



 それにしても刑務所側の「身体上、戸籍上は男性であり、社会復帰した際、男性として扱われても感情を爆発させることなく自己実現を図る能力を付けることが矯正の目標」という主張は笑わせる。その受刑者は社会復帰すれば直ちに女性の格好をするだろうし、無理に男性の姿をする必要は全くない。彼にとっての自己実現とは正真正銘の女性になることではないか。



 どうせ矯正などといっても何もしていない(そもそも性同一性障害の専門家もいないのに、何をどう教育するというのか)のだから、お手上げで何もしてません、と正直に言った方が良い。無理に取り繕おうとするからボロがでるのだ。



 日弁連の理解も足りないが、そもそも現在、大半のム所にはカウンセラーはおろか普通の医者でさえ常駐者はほとんどいない。黒羽刑務所には障害者、高齢者(数百人はいた)を診察できる医者も全くいなかったから、何か問題を起こしてもただ懲罰房に隔離するだけ。病状の改善など全く有り得ない。そしてそのまま刑期が終了して出所しても、社会生活ができる訳がないから再犯してすぐにム所に戻るのだ。



 上記受刑者の問題が明るみに出たのは、恐らくこの受刑者が辛抱強くあちこちに申し立てをしたからだろう。それはもちろん大事なことだが、声もあげられず、ただ冷凍保存されているような境遇の障害者・高齢者たちの処遇改善にも、もっと力を入れて欲しいと思う。